自分達以外

自分達以外「あいつがそう言えば、彼女と○○したらしくてさ~」
と彼が話をして2人で笑う。
「そういえば、私の友達も××でね~」
と私が話をして2人で驚く。

それも感情の共有であり、仲が良いからこそ同じ感情を抱き合えるのだと思ってきました。
もちろん、感情の共有に関しては今でもそう思っていました。
が、しかし私たちの場合は、いささか会話内容に問題があったような気がします。

確かに共に笑ったり驚いたりはしていましたが、それら全ては「自分達以外の話ばかり」なんです。
以前は、自分の身の回りのことや、出来事・他愛ない話もし合っていたのですが
いつの間にか、自分達以外の話しばかりになってしまったんです。

これは良い兆候だとは言えませんよね。
無意識のうちに、自分の情報と言う者を相手に伝えようとしなかったのもありますし
自分達以外の話をしているほうが無難だと思うようになっていた自分もいます。

第三者の話をしておけば、怒りの感情を抱くことも無いですし
喧嘩の火種となることもありませんよね(苦笑)
どんどん、自分達の話しをしなくなった私たちが衝突した時は
まったく互いのことを理解し会うことが出来ませんでした。
普段のコンタクトの大切さを痛感したのです。

彼とは何度か話し合ってよい方向に向くことが出来たらとも思ったのですが
上手く行くことはありませんでした。

ページ上部へ戻る